偏頭痛の対処法|辛い痛みを急速ブロック開始

楽しい

予防していく

頭痛

様々なものが誘因となる

日本人の三人に一人は「頭痛持ち」の症状に悩んでいるといわれています。頭痛は経験を持たない人を見つけることが難しいといえるほど、誰にとってもなじみのある症状であるといえます。ひとくちに頭痛といっても、大別すると一次性頭痛と二次性頭痛に分けることができます。一次性頭痛とは、はっきりとした病気がないのにもかかわらず繰り返しおきるというものです。一方、二次性頭痛は病気が原因で起きるものとされています。偏頭痛は一次性頭痛に属する頭痛です。偏頭痛は20代から40代の女性に多くみられるといった特徴があります。原因はまだ詳しく判明していませんが、脳の血管が拡張し、その刺激により炎症を起こすことで痛みを引き起こすと考えられています。偏頭痛はストレスや疲労から解放される週末などに起きることが多いです。また、その他にも寝すぎ、寝不足、空腹、強い光や音の刺激なども偏頭痛を起こしやすくするものとしてあげられます。症状としては、脈打つようなズキズキした痛みが起きるのが特徴です。体を動かすと痛みが増幅したり、痛みに加えて吐き気などを伴うこともあります。さらに、光、音、においなどに敏感になるのも偏頭痛の特徴といえます。症状が起きたときは頭を冷し、ゆっくりと体を休めることが大事です。なかなか良くならないときは医者にみてもらうことも必要になります。

ストレスをためない生活を

他の頭痛と同様に、偏頭痛も症状が起きれば日常生活に影響します。「たかが頭痛」と軽く考えないようにすることが大切です。前述の誘因となることをなるべく避けながら、気をつけて生活していく必要があります。偏頭痛をはじめとする頭痛全般にもいえることですが、特にストレスというものの影響は大きいといえます。社会で生活していくうえで心身のストレスから逃れることは不可能です。しかし、あらかじめそうしたストレスを軽減する努力を日頃から行なうことは予防へとつながります。日頃から病院やクリニックに通い、精神的なストレスについて医者と相談することなども有効な手段といえます。また、インターネットなどで、偏頭痛に関する情報を将来のために集めておいて活用していくことも大切です。原因や対策を知っておけば、そうした症状に悩まされたときに役に立つことは間違いありません。特に頭痛が起きやすい人などは事前の準備しておくと安心です。しかし対処しても症状が改善しない場合は医療機関で診察・治療を受けることも必要になります。診察を受ける場合は、頭痛の症状について詳しく説明することが重要です。頭痛といっても様々なものがあるので、自分の症状を詳しく伝えることが早期の治療につながります。