偏頭痛の対処法|辛い痛みを急速ブロック開始

楽しい

脈動性の頭痛

男性

頭痛の治療方法

こめかみや目の周りにズキズキした脈打つような強い痛みが起こる場合は、偏頭痛の可能性を疑ってみる必要があります。頭痛には様々な種類のものがありますが、最もポピュラーな頭痛は緊張型頭痛と呼ばれるものです。緊張型頭痛の場合は鈍い痛みが何日も続くことがありますが、偏頭痛発作の痛みが何日も続くことは滅多にありません。多くの場合、数時間で痛みが収まります。しかし、緊張型頭痛に比べるとはるかに強い痛みが発生します。また、頭痛以外に、めまいや吐き気、光過敏、音過敏などの副症状が現れる場合が多いので、偏頭痛の可能性が疑われる場合は、なるべく早い段階で医療機関を受診するようにした方がよいです。偏頭痛の痛みは、市販の鎮痛剤では抑えることができません。ですので、市販の鎮痛剤を飲んでも全然効かない場合は、偏頭痛である可能性が高いということになります。一昔前までは、偏頭痛治療の方法といっても、注射を打つくらいしか方法がありませんでした。痛みが起こったらすぐに病院へ行って注射を打ってもらうしかなかったため、仕事や家事に支障が出ることが多くなっていました。しかし、現在では、様々な種類の内服薬が開発されていますので、日常生活への影響を最小限に抑えることができるようになっています。新薬の研究・開発は日夜続けられていますから、将来的には今よりももっと良い薬が登場してくるだろうと期待されています。

頭痛の原因と特徴

偏頭痛発作の直接的な原因は、脳内血管の拡張です。拡張した血管が炎症を起こしてしまうため、炎症性の強烈な痛みが発生します。緊張型頭痛の場合は痛みがあっても何とか普通に生活できることが多いですが、偏頭痛の痛みは緊張型頭痛とは比べ物にならないくらい強いので、寝込んでしまう人が多いです。なぜ脳内の血管が拡張してしまうのかという点については、今だにその原因がはっきりと解明されていません。気圧変化の影響を受けて血管が拡張してしまうケースや、チョコレートを食べると血管拡張が起こるケースがあることがこれまでに確認されています。また、心理的ストレスが原因で血管拡張が起こるケースについても確認されています。現段階の研究結果からわかっているのは、心理的ストレスを感じている最中ではなく、そのストレスから解放された直後に血管拡張が起こるケースが多いということです。それ以外にも様々な要因が考えられますが、はっきりとした原因を特定できるような状態には至っていないため、偏頭痛治療は対症療法が中心になっています。偏頭痛が起こった時には、静かで暗い場所に移動して、安静を保つようにするのが一番です。また、頭部を冷やすことによって痛みを緩和することができます。強い光や大きな音は偏頭痛の症状を悪化させますので、注意が必要です。