偏頭痛の対処法|辛い痛みを急速ブロック開始

男性

予防していく

頭痛

偏頭痛は心身ストレスが解放される週末などに起きやすい頭痛です。脈打つようなズキズキした痛みが特徴で、吐き気を伴うこともあります。予防のために、普段からストレスをためないように気をつけたり、情報を集めておくことなどが大切です。

Read More...

病気とうまく付き合う

医療

偏頭痛には、予兆や前兆がある場合があります。知っていれば早めに対処できますので、注意しておきましょう。また、偏頭痛を疑うような症状があった場合には、早めに病院を受診しましょう。思い込みの自己判断は危険です。

Read More...

頭の片側だけが痛む時は

頭痛

痛む時の対処方法とは

ずきずき脈打つような頭痛がして仕方ない、しかもその頭痛が断続的に起こるという方、それはもしかして偏頭痛ではないでしょうか。この偏頭痛は片頭痛ともいわれ、文字通り頭の片側から目の辺りにかけて痛むのが特徴ですが、たまに頭の両側や後頭部が痛むこともあります。痛みは数時間から、長い時は数日続くこともあります。また、頭痛の前兆として目の前がチカチカすることもあります。原因は様々ですが、ストレスやアルコール、気温差、そして睡眠不足や騒音などがあげられます。女性は、生理時のホルモンバランスの乱れにより痛むケースもあります。痛みがある場合はそのまま動かず、痛む部分を冷却シートなどで冷やすようにすると楽になります。しかしあまり度々痛む場合や、吐き気や嘔吐などを伴う場合、そして寝込んだまま仕事が手につかなくなってしまうといった場合は、必ず医師に相談して、症状に合った薬を処方してもらうようにしましょう。また、もし薬を処方されても症状が治まらず、嘔吐がひどくなるとか視力が落ちるという場合は、脳腫瘍などの脳の疾患が考えられますので、薬が効かない場合や嘔吐の症状が激しい場合などは、脳神経科を受診して検査をしてもらうことをお勧めします。

痛みに先回りするには

偏頭痛は薬で予防することが可能です。その場合は医師から薬を処方してもらいますが、カルシウム拮抗薬や抗てんかん薬、抗うつ薬などが主に処方されます。ただすぐに効果が現れるわけではないので、指示に従って一定期間服用し続けることが大事です。また市販の鎮痛剤の中には、偏頭痛が始まってすぐに服用することで、その後出て来るであろう痛みを抑えることができます。ただあまり常習してしまうと、薬物乱用頭痛といって、逆に頭痛を引きこみやすくなってしまうので気を付けるようにしましょう。その他に予防策としては、納豆やレバー、ウナギなど、ビタミンB2を防ぐ食品や、大豆や緑黄色野菜といった、マグネシウムを含む食品も人気があります。これらの栄養素は、サプリで摂ることもできます。また偏頭痛に効果のあるハーブや漢方薬もお勧めです。その他に、日常生活を改善することで予防につなげることができます。たとえば、当然ですがストレスをためない、不規則な生活を改めるようにするなどで、偏頭痛が起こりにくくなった例もあります。それから光や音などの刺激に弱くて、それが偏頭痛の原因になっている人は、日傘やサングラスを使ったり、人混みはなるべく避けたりということを心がけてください。

鼓動に合わせた頭の痛み

医療

偏頭痛は、血管が拡張することが原因となっています。そのため内科では、血管を収縮させる薬による治療がおこなわれています。また、ストレスによってセロトニンが多く分泌されると、血管が拡張しやすくなります。そのため精神科や心療内科でストレスを和らげる治療を受けることは、偏頭痛の根本的な解消につながります。

Read More...

脈動性の頭痛

男性

偏頭痛は、目やこめかみの周辺に脈動性の強い痛みが起こる頭痛です。脳内血管の拡張が原因で起こる炎症性の頭痛ですので、発作が起こった時は、患部を冷やして安静を保つようにすることが大切です。また、光や音で症状が悪化するという特徴があります。

Read More...